« | トップページ | »

2007/02/04

Indpendence-D 2007 Day2 新木場 STUDIO COAST

当然の如く?Independence-Dに行ってきました。
現在就職活動中のためいつもの如く長々とレポを書く余裕は多分ありません。
もしかしたら暇なときにちょくちょくと書き足すかもしれませんが。
(月曜のISIS、Thease Arms Are Snakes公演も実は行っていたりするのです。
でも、レポする余裕がちょっとないのです。はい・・・)

MOJA
演奏中に会場に到着したので、ほんの最後だけ。
ベースとドラム(女性)だけの編成でなかなかテクニカルで興味深い音。
全部見たかった。と後で思いました。

ザ・ジェッジジョンソン(△)
生演奏ダンスミュージックな雰囲気の前半は非常に良かった。
日本のバンドでも凄いのがいるなと思ったのは最初だけ。
しかし、普通に歌ってしまった後半は平凡な日本バンドであるように思われ、
残念だった。
ドラムさんがノリノリでバシバシ叩いてたのが印象的。
女の子にはかなり人気があるような?感じ。

Long Since Forgotten(△)
今調べて分かったんですが、この一応キャリア短くないんですね。
おまけにSTMでかなり売れてた・・・の?
以下、ライブを見ていた時の感想
ギターオタクなボーカルが適当に友人を誘って結成したようなバンド
出してる音は超ありきたりかつシンプル簡単なのに、
ボーカルのギター以外の演奏には余裕がまったく感じられず。
特に左側のギター。
多分若手だろうからこれからに期待かな。

Melody Fall(○)
イタリアの高校生バンドらしい。
そして高校生に煽られる日本の大人達。
極めて元気の良いボーカルを中心に元気のよい演奏。
安定感もあり、また
Long Since Forgottenみたいに個々の演奏力がばらばら
という印象は受けなかった。
盛り上がってはいたが、音がどうも好きになれなかった。
ので、外へ。

外に出てまず、客の雰囲気の違いに驚く。
若さにあふれていない。
平均年齢は5歳は違う雰囲気で、
「長いことバンドやってました~。」っていう雰囲気の人ばかり。

Sequence Pulse(○)
日本のインストバンド
メンバーは30前後である印象。
横からであまりよく見えなかったけれども
結構面白いことをやっていたように感じられた。

9mm Parabellum Bullet(×)
彼らを見たのは失敗だった。
2つの意味で。
バンドの自己満足で終わっている音楽。
意味が分からない。
二度と見たくない。
演奏はぶち切れていて面白いのに。

feronona(◎)
http://www.myspace.com/feromona
9mm Parabellum Bulletを見て失敗だった理由2つ目は
このバンドを見る時間が(結果的に)少なくなったこと。
昨年の3(Three)的存在。
見ている人は(やはり?)少なかった。
様々なジャンルを通過してきたような人が奏でるオルタナティブ。
タイトで超安定したリズム隊は見ていて飽きない。
特にベースラインが聞いてて非常に心地よかった。
途中ベースの音が出なくなり、シールドを交換するハプニングも。
強いてこの日のベストを挙げるとすれば彼らだと思います。
ありがとう主催者!

L.A.SQUSAH(△)
本日唯一?の女性ボーカルのバンド。
歌は上手かったけれど、J-POPにしか聞こえず。
僕がI-Dに求めているのはJ-POPでないのでほどほどに外へ。

Pay Money To My Pain(○)
ferononaの時とは違い人多し。
Deftones来日の時前座を務めるらしいことを言っていた。
ボーカルは英語圏の人?
メタルコアのような、パンクのような、メロディックであるような、ハードコアであるような。
すごいといえばすごい。まとまりがないといえばまとまりがない。
上の方で書いた「長いことバンドやってました~。」ってタイプの人が
この時を待っていたかのように暴れていた。

Good 4 Noting(○)
なんかかなり人気ありましたけど、
海外のバンドと日本のバンドの両方について
お客さんはどこで情報仕入れてるんですかね?
うちのサイトも見てくださいよ。お客さん!?
かなり盛り上がっていたし、ライブとしても良かった。
でも、音が・・・好きになれない。
Melody Fallもそうですが、
ジャー、ジャー(↓)、ジャー(↑)みたいなフレーズが延々と続く
フックのないポップパンクは好きでないのです。
昔から。

Nature Living(○)
彼らは3回目。
唯一I-Dに3年連続で出てるバンドでは?
前は小さいところでしたが今年は大会場(但し横向き)で。
その時間はすっかりお疲れモード(前日、前々日の就寝時間は3時)のため
座って聞いていただけなので、見てはいないのですが、
彼らの出す音はライブ栄えしますね。
今日みたいな環境がよい場所だと特に。
キラキラした美しさと、混沌の融合?
聞いてて結構感動しましたよ。

SOLEA(◎)
http://www.myspace.com/solea
名前と、Emo界のベテランであることぐらいは知っていたけれど
音は全く聞いたことがなかったこのSOLEA。
去年のLet GOに似てる。
良い意味で普遍的なメロディと
それなりに凝ったことはしていても余裕たっぷりの演奏隊。
まさにベテランの味。
当然ながらチッチキチーとは言っていなかった。
途中までは立って見ていましたが
疲れがピークに達し、最後の最後ぐらいから完全お休みモード。
寝てしまいました。ごめんなさい。

kamomekamome(△)
寝ているところをこのバンドに叩き起こされ印象。
自己満足型バンド第2弾。
何をしたいかわからない。
曲の終わりでなんかボソボソ言っていたがよくわからない。
柏のバンドらしいがどうでもいい。
そもそもボーカルさん。あんたMelody Fallのとき前の方で超盛り上がってたでしょ?(^^)
いえ、でもなんか楽しかったので△で。

Lovedrug(◎)
http://www.myspace.com/lovedrug
一応ゲストというメインな扱いながら5時代に登場。
Absolute Punkにてかなり評判のよいLovedrug。
この日のために予習をしておきたかったのですが、
結局CDを買いに行く暇がなく、音楽を聴く暇がなく、ぶっつけ本番。
結論
非常によかった。スケールが大きさを感じました。
評判がいいのに納得。
一見小綺麗であるけれども、どこか少し混沌としている。
ボーカルさんは頭をガンガン振りながら、
ピアノを弾いている。

この対比、まさしく"Emo"。

演奏も安定しており、かつ、それなりに多彩であり、
(The Appleseed Castほどではない)
見ていてあきない。
「This Song Is Some Sort Of Punk Rock Song」と言っていた
最後の曲はあまり"Punk Rock Song"に聞こえず。

感動したので物販でCD"Pretend You Are Alive"を購入。
1500円なり。
こんな凄いバンドがいながらOceanlaneなんかと契約する必要があるのかTMG。

TotalFAT(△)
元気がよかった。
あまりの元気のよさに、横で準備していた。
The Appleseed Castのベースさんは笑いしながら彼らの演奏を写真に収めていた。
なんか今回の日本のバンドは高校の学園祭のノリのバンドばっかでつまらなかった。
このバンドもその内の一つ。
まぁ、Strung Outのための土台づくりなんだろうなとぐらい思っていた。

The Appleseed Cast(◎)
この日のバンドでCD持っていたのって
The Appleseed CastとStrung Outだけでして
しかも、長いキャリアあるのに両バンド最新の1枚だけ。
多彩なリズム、茶碗ぐらいの大きさの金物を叩いてたのがちょっと印象的。
多彩なギターワーク。
4人の演奏でこれだけの表現が出来るってのは、ただ驚くばかり。
最後は"The Clock And The Storm"で閉め。
この曲大好き。
30分や40分では時間が全然足りない。
Strung Outあたりが目当てだった人には(当然ながら)退屈だったようで
外に出て行くお客は少なくなかった。

Local Sound Style(△)
学園祭ノリバンド。以下略。

dustbox(△)
今調べてみたら、元々はメジャーにいたんですね。
人気があった理由がわかりました。
この日の一番の盛り上がりは彼らのときでした。
言うまでもなく、以下略。

Frenzal Rhomb(○)
オーストラリア出身のFATバンド
セッティングのときにギターが超高速ブリッジミュートの練習をしていたのが印象的。
ボーカル髪長い。
ばっと始まりばっと終わる古きよきパンクロック。
テンション高くて、自然と引き込まれる。
最後の最後に超高速ブリッジミュートが炸裂!
早すぎて笑ってしまいました。

Strung Out(◎)
まず、待遇が違いすぎ。(^^)
他のバンドはドラムの基本部分とアンプ類は共有であったように思われた。(多分)
が、彼らはドラムセットは「台」ごと交換し、アンプ類も総入れ替え
まさしくStrung Out仕様。
(去年はみんなそうでありましたが。)
キャリアの長い彼らといえども
今はアメリカではこのようなVIP待遇は受けることはほとんどないのでは?

速い。そして非常にエネルギッシュなライブ。
彼ら一体何歳ですか?
速い速い。
でも、余裕綽々。
速い中で聴衆と「対話」をするようなパフォーマンス。
秋に同じ場所で見たSaosinが可愛く思えたぐらい。
最新作からは4曲ぐらいかな。
盛り上がりはしたが、dustboxほどではなかった。

まとめ
今一つに見えた今年のラインナップも
実際に参加した後になってみれば、
全て大トリStrung Outへの下準備であったんだろうなと思われもします。
レーベルとの距離が近すぎた昨年よりも
主催者の「独自の企画」である感じはありました。
でも、満足感は・・・
昨年一昨年ほどのものではありませんでした。
やっぱりラインナップがいま一つ。
最終的には、またここに戻ります。
MIKOTOがこの日ならばもうちょっと違ったかな~。

・・・なんかまた長々と書いてしまった。
あぁ・・・エントリーシート書かないと。


« | トップページ | »