« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006/03/31

Lydia の次作についてメジャー・インディ問わず様々なレーベルが契約を狙っているらしいです。

Purevolume Punchline に"For the Second Time"という曲が加えられています。
ついでにこちらではアルバム収録曲のデモバージョンを聞くことができます。


2006/03/30

Coheed & Cambria の"In Keeping Secrets of Silent Earth: 3" の曲のオーケストラバージョン・・・
なんじゃこりゃ・・・

こちら にてThursday の"At This Velocity"
という曲を聴くことができます。

このバンド更に混沌としてきましたね。

Say Anything に彼らのツアーEPから"We Will Erase All Life On Earth"という曲が加えられています。
この人達一応既にメジャー契約(JRecords ってメジャーですよね?)してます。


2006/03/29

Purevolume The Receiving End Of Sirens に"This Armistice"のアコースティックバージョンが加えられ、ダウンロードできるようになっています。

Head Automatica アルバム "Popaganda" トラックリスト
6月6日発売予定。

1. Graduation Day
2. Laughing At You
3. Lying Through Your Teeth
4. Oxy Contin
5. Scandalous
6. Curious
7. God
8. Shot In The Back (The Platypus)
9. Million Dollar Decision
10. She's Not It
11. Egyptian Musk
12. Cannibal Girl
13. K HORSE
14. Beating Heart Baby (Chris Lord-Alge Remix)

Daphne Loves Derby の新作のプロデューサーは Matt Squire (Panic! At the Disco, Hit the Lights) となったようです。
合うんでしょうかね??ちょっと疑問が・・


2006/03/28

Purevolume Rookie Of The Year にて4月11日に発売されるアルバム"The Goodnight Moon"を全曲視聴できます。
4月11日が待ち遠しいです!Spitalfield辺りが好きな方は是非聞いてみてください。

My Space Red Panda (Home Grown のギター John Tran のサイドプロジェクト)
に"Stay the Night" と "Hospitals"の2曲が加えられています。
夏にアルバムが出るらしいです。良いですよ!

おまけ
Jessica Simpson has moved from Columbia Records to Epic Records.


2006/03/25

Angels & Airwaves アルバム"We Don't Need To Whisper" トラックリスト
5月23日発売予定。レーベルはGeffen。
Brink は好きではないのですが、これはなかなかいいですね。

1. Valkyrie Missle
2. Distraction
3. It Hurts
4. Do It For Me Now
5. The Adventure
6. The War
7. A Little's Enough
8. The Gift
9. Good Day
10. Start The Machine

Senses Fail の新作のプロデューサーはBrian McTernan (Circa Survive)となったようです。

The Early November のトリプルCDアルバムは7月発売予定???

Absolute Punk.net Hit The Lights 'Leak" ページ に新しく4曲が加えられています。

Purevolume Plain White T's に5月9日に発売されるアルバム"Hey There Delilah" から"Down the Road"という曲が加えられています。


2006/03/24

Straylight Run がVictory Records との契約を終了。
ちょっと訳がわかりませんが、近いうちにライブアルバムをVictoryから出すようです。

The Sound Of Anymals Fighting 公式サイトにて5月に発売されるアルバムの曲をほんのちょこっと聴くことが出来ます。

Fair なるバンドがTooth and Nailと契約したようです。
My Space にて新しい曲を聴くことができます。


2006/03/23

Head Automatica アルバム"Popaganda" E-Card

Purevolume Rookie Of The Year に"Silhouettes (All Eyes Above)" という曲が加えられています。

My Space Rx Bandits に"Only For the Night"という曲が加わっています。
今年中には発売されると思われる新作からのものです。


2006/03/22

本当のことなのか疑うしかないのですが・・・
Lifetime が再結成し、更にFueled By Ramen / Decaydance Recordsと契約したとか・・・いう噂があるようです。
しかし・・・何故このレーベルに???

Hellogoodbye はライブにてアルバムは5月か6月に出るといったようです。

こちらにて Further Seems Forever のベストアルバムを全曲視聴できます。

Purevolume Cute Is What We Aim For に6月頃に発売予定のアルバムから"The Curse of Curves"という曲のクリップを聴くことができます。


2006/03/21

Punk Goes 90s トラックリスト
5月9日発売予定。My Space にてちょこっと聞くことができます。

1. Mae - March of the Pigs (Nine Inch Nails)
2. Plain White Ts - Song 2 (Blur)
3. Gym Class Heroes - Under the Bridge (Red Hot Chili Peppers)
4. Copeland - Black Hole Sun (Soundgarden)
5. Hit the Lights - Hey Jealousy (Gin Blossoms)
6. Emery - All I Want (Toad the Wet Sprocket)
7. Scary Kids Scaring Kids - Losing My Religion (R.E.M.)
8. Cartel - Wonderwall (Oasis)
9. The Killing Moon - You Outta Know (Alanis Morissette)
10. Bleeding Through - Stars (Hum)
11. Anberlin - Enjoy the Silence (Depeche Mode)
12. Eighteen Visions - Beautiful People (Marilyn Manson)
13. The Starting Line - Big Time Sensuality (Bjork)
14. So They Say - In Bloom (Nirvana)
15. Bedlight For Blue Eyes (f. Sebastian Davin from Dropping Daylight) - Jumper (Third Eye Blind)

Aol Music にていろいろなアルバムを全曲視聴できます。
現在はThe Appleseed CastFrom First To LastMen, Women And Children など
他にも色々あります。

Thurs Day アルバム "City by a Light Divided" トラックリスト

01) Counting 5,4,3,2,1
02) The Other Side of the Crash
03) Running From the Rain
04) Telegraph Avenue Kiss
05) Sugar In the Sacrament
06) At This Velocity
07) The Light
08) We Will Overcome
09) Into the Blinding Light
10) The Love Song Writer
11) Autumn Leaves Revisited

Halifax の新作は5月5月23日に出るようです。
・・・・・・・
SONY/Red ディストリビューションとDrive Thru が契約したらしいという噂があるようです。

こちらにて New Atlantic の新しいデモ曲を2曲聞くことができます。
Cartel が好きな方に。


2006/03/20

Hit The Lights
"This Is a Stick Up: Don't Make It a Murder "

アマゾンへ
4月1日発売
大注目!!
Triple Crown から Hit The Lights のファーストアルバム!
ひたすらにメロメロメロメロに突っ走り続ける中でも曲展開を自然にこなし、さらに演奏もかなりしっかりしているという印象。意外に似たバンドが見当たらないように思うのですが・・・どうでしょう?
個人的にはPunchlineより断然こっち。
メロメロなものが好きな人に是非薦めたいアルバムです。
プロデューサーはMatt Squire

視聴はこちら

その他の注目リリースはこちらを参照のこと


2006/03/19

Mae がCapitol Records と契約した模様。
公式な発表はありませんが、2つの情報元が既に存在しています。

分裂したA Static Lullaby の片割れバンド Casket Salesmen がアルバムを8月の発売を目指し、製作を行っているようです。
"Sleeping Giants"というタイトルで、バンドのレーベルであるLonghair Illuminatiというところから発売される予定だとのこと。


2006/03/18

Absolute Punk.net でHit The Lights のアルバムのプロモーションが開始!!
アルバムの1~4曲目を視聴できます。 是非聞いてみてください!!

Underoath の新作"Define The Great Line" トラックリスト

1. In Regards to Self
2. A Moment Suspended in Time
3. There Could Be Nothing After This
4. You're Ever So Inviting 5. Salmamir
6. Returning Empty Handed
7. Casting Such a Thin Shadow
8. Moving for the Sake of Motion
9. Writing on the Walls
10. Everyone Looks So Good from Here
11. To Whom It May Concern


2006/03/17

昨日の通りFueled By Ramen Recordsが This Providence と契約
Purevolume にて"Wolf In Sheep's Clothing"という新しい曲を聴くことができます。
バンドはCasey Bates とともにスタジオ入りしている模様です。

Over It の新作は8月15日に発売を目指すようです。
cant wait!!

Saves The Day ツアー限定EPトラックリスト

1) Certain Tragedy
2) In My Waking Life
3) Freakish
4) You Vandal
5) Sell My Old Clothes, I'm Off to Heaven
6) My Sweet Fracture
7) Jodie


2006/03/16

Fueled By Ramen Rec が今週金曜日にニューファミリーを発表するようです。
This Providence らしいです。

Saves The DayMoneen の新作プロモーション用のメディアプレーヤー
Saves The Day は原点回帰??イイです。イイです。

The Appleseed Cast アルバム E-card
4月5日に日本版もでます。

Underoath の新作のタイトルは"Define the Great Line"となる予定のようです。

Purevolume Punchline に"Don't Try This At Home"という曲が加わっています。

Say Anything がアルバムの曲作りを開始。
2007年の初めのリリースを目指すようです。


2006/03/15

First To Leave なるバンドが Lobster Records と契約したようです。

Purevolume Pistolita にて彼らのデビューアルバム "Oliver Under The Moon" を最後の曲"Panic"以外視聴できます。
何故"Panic"が・・・
一番上ぐらいは聞いてみることをおススメします。

Purevolume Rookie Of The Year に "The Blue Roses"という曲が加えられています。
4月11日に発売される"The Goodnight Moon" に収録されます。
前評判も上々なので知っておいて損は無いでしょう。
ついでにこの日はSaves The DayHit The LightsPunchlineもあったりで大変です ^^;

こちら にてBrandtson の5月に発売されるアルバム"Hello, Control" のクリップを聞くことができるのですが・・・
大不評です。


2006/03/11

Armor For Sleep に関して近々大きなニュースがあるだろうということです。

My Space Saosin に"Sleepers" という曲が加わっています。
"i wanna hear another fast song"でしょうね・・・
大分よくなりましたね。
ダウンロードも出来ます。

Hit The Lights アルバム"This Is a Stick Up... Don't Make It a Murder" トラックリストの修正版

1. The Call Out (You Are the Dishes)
2. These Backs Are Made For Stabbing
3. 309
4. Body Bag
5. Talk Us Down
6. Save Your Breath
7. Sincerely Yours
8. 100 Times
9. It's All The Rage
10. Speakers Blown
11. Until We Get Caught
12. Make A Run For It

My Space Bottomline に"Today"という新曲が加えられています。
う~~ん・・・

Finch の活動停止にからんで
The Quadruple Duo というプロジェクトがスタートしています。
そのメンバーは以下の通りです。
Joy Troy (Rx Bandits のベース この人が歌うようです。)
Randy Strohmeyer (Finch のギター)
Derek Doherty (Finch)
Nick Mendoza (Finch's tour manager ,ドラムを叩くようです)


2006/03/10

先日のデジタルEPでもそんな雰囲気が感じられましたが
The Early November のメンバーもそろそろ痺れをきらしてきたようです・・・
残念ですねぇ・・・
http://www.absolutepunk.net/showthread.php?t=120189

Punchline アルバム"37 Everywhere" E-Card

休止を発表した Rufio のMike Jimenez のニュープロジェクト Science Fiction Theatre !!
My Space にて音を聞くことができます。


Rookie Of The Year ニューアルバム "The Goodnight Moon" トラックリスト

1. The Goodnight Moon
2. Poison Like Your Own
3. Silhouettes (All Eyes Above)
4. Sign of Her Glory
5. Liars and Battlelines
6. Pop Destroyed the Scene
7. The Blue Roses
8. Life, Fall Fast Now
9. Set The Sails, Red Beret
10. The Weekend
11. Enjoy This Drive
12. Having To Let Go

My Chemmical Rroance "Life On The Murder Scene " トラックリスト

1. Thank You For the Venom
2. Cemetery Drive
3. Give 'Em Hell, Kid
4. Headfirst For Halos
5. Helena
6. You Know What They Do To Guys Like Us in Prison
7. Ghost of You
8. I'm Not Okay (I Promise)
9. I Never Told What I Do For A Living (Demo)
10. Bury Me In Black (Demo)
11. Desert Song (Demo)
12. I'm Not Okay (I Promise) (DVD)
13. Cemetery Drive (DVD)
14. Our Lady of Sorrows (DVD)
15. Honey, This Mirror Isn't Big Enough for the Two of Us (DVD)
16. You Know What They Do To Guys Like Us in Prison (DVD)
17. Headfirst for Halos (DVD)
18. Ghost of You (DVD)
19. Thank You For the Venom (DVD)
20. Give 'Em Hell, Kid (DVD)
21. Vampires Will Never Hurt You (DVD)
22. Helena (DVD)

The Sound Of Animals Fightingアルバム"Lover, The Lord Has Left Us..., " アートワーク
また、5月16日に発売されるようです。


2006/03/08

Thrice "the Red Sky" EP トラックリスト
4月4日発売です。

1. Flags of Dawn
2. Weight of Glory
3. Under a Killing Moon (Live)
4. For Miles (Live)
5. Red Sky (Live)
6. Of Dust and Nations (Live)

Purevolume Versus The Mirror に "Barracuda Capital Of The World"という曲が加わっています。

今週のリリース一覧
http://www.absolutepunk.net/showthread.php?t=119662より
Downtown SingaporeSoTheySayを買いました。
SoTheySayの方が良かったです。
Dont Look Down が好きな方にはおススメ。


2006/03/07

本日は大きなニュースが2つあります。

CartelEpic Records と契約!!
congrats to them!!

Rufio は無期限活動停止にはいるようです。
それぞれのメンバーは新しいプロジェクトを立ち上げているようです。

Saves The Day アルバム "Sound the Alarm" トラックリスト
4月11日発売。

1) Head for the Hills
2) The End
3) Shattered
4) Eulogy
5) Dying Day
6) 34
7) Say You'll Never Leave
8) Disensed
9) Don't KNow Why
10) Sound the Alarm
11) Bones
12) Delusional
13) Hell is Here


2006/03/06

お知らせ

サイトに関してお知らせです。

まず、
サイトを見に来てくれる人の目的は多分Newsだと思うのですが、
ライブレポやらPick UPやらが上の方を独占しててすいません。
これはある程度仕方がないので勘弁してください・・・
ただし、カテゴリわけをしてあるので1クリックだけでNewsだけを表示するということも出来ます。
News だけを見たい場合はこちらをクリックして下さい。
Newsカテゴリをブックマークしていただいてもそれはそれで全く問題ないと思います。


Men Women And Children - "Men Women And Children"

アマゾンへ


3月21日発売
Men Women And Children のデビューアルバムです。
Glassjaw のメンバーが含まれているとか?
ジャンルとしてはダンシングロックなのですが、先進的な要素を追い求めたという感じではなく、逆に時代をさかのぼりダンスクラシックあたりの香りが様々なところににちりばめられた、とてもわかりやすい音楽です。ボーカルの声が Earth,Wind And Fire に似てます。(よね?)
ん・・・?今思ったんですがバンド名も似てますね ~~
Childrenにはちょっと厳しいかもしれませんが、MenとWomenには安心して薦められる良盤です。

Purevolume



その他の注目リリースはこちらを参照のこと


Underoath の新作は6月20日発売。

Transition なるバンドのアルバム"Get There"トラックリスト
5月9日発売で、Mike Herrera(MxPx)がプロデュースしています。

1. Excusable
2. Down At The Harbor
3. The Issue
4. Winter
5. Air We Breathe
6. Count Me Out
7. A Letter From Dallas
8. Carolina
9. Give and Take
10. Get There
11. Tune In


2006/03/04

Indpendence -D Day2

行ってまいりました!!
全体としてメンツはパワーダウンした感じがありましたが、
実際は、去年以上に楽しいイベントでした。
軽くレポします。

全体的にお客は良く入っていました。
客層としては、去年よりも2~3歳上がった感じ
(去年のような思いっきり高校生な人は少なかった)でしたが
HC方面の人々は減った感じがありました。
メンツが渋めですからね~。
一部小学校低学年ぐらいのガ○・・・いえ・・・お子様がいました。
早すぎでは??(笑)

Houston Calls
以前ダウンロードしたライブ音源を聞いたときは結構ひどい感じだったこと、
"A Collection Of Short Stories"以前の2枚のEPではとっても
簡単な演奏をしていたので、このバンドは演奏が下手だろうとう勝手な思い込み
正直あまり期待はしてはいなかったのですが、予想外にしっかりとしていました。
そしてアグレッシブなライブでした。
脳ある鷹は爪を隠すってやつですかね?
強いて言えばドラムさんがちょっと不安げな感じでした。
CDでは結構クセのある声ですが、ライブではかなり普通。これも意外。
ライブ音源でもCDの通りクセがある声だったのですが??
日系のキーボードさんが日本語ペラペラ喋ってます。
「12時半なのに沢山人がいておどろいているよ」とか
「Socratic も楽しいから見に行ってあげてね」とか。
(日系というより下手したらこの人日本人では???)
最初の"Exit Emergency"が一番よかったですね。
マイクスタンドは3本。
メインボーカル/ギター
キーボード/ボーカル
あとギターさんも一部だけ歌ってました。

セットリスト
Exit Emergency
Bottle of Red, Bottle of spite
Sunrise Goodbyes
Elephant and Castle
The Better Part of Valor
(間奏あり)
Bob and bonnie

Fact
とりあえず最初から最後まで見てましたが・・・
速いだけ・・・という印象。
このバンドはちょっと過大評価されてる気がします。

Fireside
Socraticが迫っていたためチラッと見ただけ
可も無く不可もなく

Socratic
よくぞ来てくれました!でもやっぱり人気は不足気味。人少な目。
準備の段階。
ギター2人、鍵盤は痩せ型。
う~~ん。インディらしい人々だ(笑)
ベースとドラムはそこそこ体格がよい感じ。
ミキサーさんに大してかなり何か(音程?)を上げるように要求していました。
その後のテントの人々も同様の要求をしてました。

ちょっと太目のおじさんが出てきて(誰かの家族ですかね?)
「Socrati~~~~c!!」と紹介。
まずは"Theme To Your Mother’s Garden"!(キャー!!!)
ピアノから順々に出番にあわせて控えのテントからステージに出てきました。
一部では手拍子。アルバムを持ってる人々には完全に「?」だったようでした。
その後はアルバムの流れに沿って
"Alexandria As Oun Lens"
"Tear A Gash"
あまり盛り上がらず。
正直この曲では仕方ないかなという印象。
歌詞がひたすらに後ろ向きな感じなのですが、
アメリカでライブやってもはたして歌う人はいるのかという疑問さえあります。
演奏に関しては、なかなか○。
このバンドもCDとボーカルの声の印象が大分違います。
キーボードの人はぴょんぴょん跳ねながら
一癖あるフレーズを弾いておりました。

このバンドはドラムが素直・・・とうか曲調やピアノほどの捻りはありませんね。

"I Am The Doctor"
あれ?早いなぁ。と。この辺から大分ライブとして調子が上がってきます。
この曲は Socratic にしか出来ない要素が詰まりに詰まった
曲であるのはいうまでも無いでしょう。
'My voice get weaker by day ~~~
から
Doctor is in need fo Docter'
の流れはほんとに独特。かつ素晴らしい。
お次は新曲。ビックリ
アルバム"Lunch For The Sky"の路線そのままの
キャッチーなインディロックでした。
ピアノの音(キーボードですが)が今まで以上にち曲中にちりばめられています。
(新作の予定はまだまだないようです。)
初聴にしてはお客の反応も上々でした。
"We Burn Houses"
個人的にこの曲はアルバムのなかでも上位にはいる曲。
Good!!
"I Don’t Wear A Coat"
なかなか盛り上がってきた雰囲気を維持。
"Lunch For The Sky "
問答無用のタイトルトラック"Lunch For The Sky"。
パンキッシュなメロの部分とわかりやすいサビ、加速感のあるCメロ
CDでもベストソングですがライブでも素晴らしい。
'All We Are ~~ is Lunch For The Sky ~~'
お客の反応も上々。
人気に繋がってくれればよいのですが?(無理かな ^^)

セットリスト
Theme To Your Mother’s Garden
Alexandria As Oun Lens
Tear A Gash
I Am The Doctor
Blend In (新曲)
We Burn Houses
I Don’t Wear A Coat
Lunch For The Sky

These Arms Are Snakes

まず最初に
本日のベストは間違いなく彼らです。
NHOIだけはどんなことがあっても絶対に見ないつもりだったのですが
それが本当によい方向につながりました。

セッティング
第一印象・・・ドラムうま~~。

ボーカルさんマイクのチェックにていきなり
「ち!ぇ!ぇ!ぇ!ぇ!ぇ!ぇ~~~↑~~~っっっっっく!!!!!!!!!!!!!」
「ち!ぇ!ぇ!ぇ!ぇ!ぇ!ぇ~↑~~↑~↑っっっっっく!!!!!!!!!!!!!」
「ち!ぇ!ぇ!ぇ!ぇ!ぇ!ぇ~~↑~~↑~っっっっっく!!!!!!!!!!!!!」
と叫び、(※デスボイスでなくてクリーンボイスでした)
その後「Sound good to me」とひと言言い残して帰っていきました。
僕唖然。スタッフ爆笑。
この人は普段は特に変わった印象がない
カッコいい兄さんという感じですが
マイクを持つとスイッチが入るようです。

ライブが始まると
のっけからドラムの音をとるマイクで歌いだす。
(スタッフさんが苦笑いしながら何度も直しに・・・)
もう動きの量が半端ではありません。テンションが半端ではありません。
いろいろ面白いことをやっていたのですが
多すぎて書ききれません。一例としては
マイク放り投げそれをヘディング!(スタッフ、僕共に爆笑)
セットの壁をよじ登り2m近くあるスピーカーの上に上ってみたり
間奏の時には、マイクをほって横の方でやすんでいたり
何を思ったかいきなり控えのためのテントに姿を消し、
パイプ椅子を持ってきてその上で歌ってみたり。
などなど
音に関して
4人組、ボーカル、ギター、ベース&キーボード(シンセサイザー??よくわかりません)
そしてドラムです。
キーボードでベースの代用をするなどなかなか面白いことをやっておりました。
全体的に演奏も上手かったです。
曲調は混沌としていながらどこかうねうねとダンサブル
ボーカルはむちゃくちゃなことをやりながらも見事にクリーンボイスとスクリームを使い分け
ていました。
ダンサブルな曲調とボーカルの超ハイテンションに引っ張られ
お客もテンションが上がってきて、大盛り上がり!
人数が少ないにもかかわらず後半はモッシュが起こっていました。
しかもそこにいた客層なのですが、暴れたがりのHC方面の人はほとんど見られず
他のものを聞きにきた、という感じの一般的な人が多かったのですよ!
後半ベースさんが木箱とベースを持って下へ降りてきましたが
見事に持ち上げられてステージへ戻されました。
あまりに綺麗に持ち上げられて運ばれたので(それだけみんなハイテンションだった)
スタッフも驚いているようでした。
ベースさんは木箱で座ってベースを弾きたかったんじゃ~ないのかなと思うのですが、
楽しかったからよしとしましょう!

ほんとよいライブでした。
近くの女の子達も「すごかったね」といっておりました。
再来日したらぜひとももう一度見てみたいです。
CDは確実に買います。
あと、今年アルバムを出す予定らしいです。

3
検索するのが大変な3。
今いろいろ見てたら、Coheed And Cambriaのメンバーの弟がいるとか?
Purevolume でちょろっとしか聞いてこなかったので
まだアルバム一枚しか出していないことから
若手かと思っていたのですが、実際見てみるとそうでもないですね。
全員30近そう・・・
音楽を知り尽くした人たちによるオルタナティブロックといった感じ。
プログレに入れてる人もいるような雰囲気も。
Vo/G , G , Ba , Dr , パーカッション?&キーボードの5人編成。
みんな上手い。とにかく上手い。テクならば本日一ではないかと思います。
(当然ながら素人目ですが) 歌も上手い。
Vo/Gの人は普通のエレキと、(素人なもんでわからんのですが)
アコースティックエレキに穴を開けたりして改造した感じのものを使い分けてました。
白いサングラスのパーカッションの人の叩き方がコミカルでかわいい。
野球の投球動作のよう。
途中パーカッションの人がスティックを折り、
Vo/Gのアコエレ改の弦が切れるなどアクシデントがありましたが
最後まで止まることなく乗り切りました。
弦が切れたのは一つの見せ場的な部分(ソロでしょうね)であったのですが、
使う必要が無かったのか、使わないで済ませるようにしたのか
ちょっとわかりませんでした。
演奏がかなりすごいにも係わらずあまり盛り上がらず。
Dream State と時間がかぶったの為に演奏中もどんどん人が減っていきました。
残念。
最後は各パートの見せ場満載でほんとすごかったです。
もう少し僕が年を取ったときにまた見てみたいバンド。

Dream State
3を見ていたため途中から。
中に入ると人が多くてビックリ。
この日で一番人がいた気がしないでも。
やはり注目度は高いのでしょう。
ライブに関しては普通。かつ退屈。
この日のライブは良いものが多かっただけになおさらそう感じるというのもありますが。
キーボードとギターを弾ける人が歌っていました。
後のOceanlane もそうなのですが
曲は別にそこまで悪いとは思わないですが
ライブとしてはとても退屈。
「ただ演奏してるだけ」間が強いです。
ボーカルがギターを弾く曲はただのロック。


Maroon
僕の専門外なので詳しくわからないのですが
結構大御所のメタルコア・ニュースクールバンド。
バンドのメンバー達はつばを吐きながら
ボーカルは全編デスボイス
バスドラはすごいスピードでリズムを刻み
ギターはとことんメタリック、長いギターソロも。
やはり大御所。安定してます。
当然超複雑な曲構成ですが、全く問題なくこなしていました。
それにしてもやっぱりHC方面の人々は(お客の日本人含む)
テンション高いなぁ。と感じました。
ダイブもかなり起こっていました。


Let Go
なかなか良かった。
でも特記事項なし。
CDをかうべきか買わないべきか・・・

Oceanlane
・・・・・このバンドは・・・・う~~ん
ライブがとっても退屈。
曲はとても練ってあるのがわかるんですが、それでも退屈。
魅せる要素がないんですよね。
Cartelの時からの進歩が全く見られませんでした。
途中で退出。

Te
前日に一通りのバンドを調べていた時に知った日本のインストバンド。
よいバンドですね。よいライブでした。
ドラムがステージ左側で横向きに配置されるという変わったセットでした。
3月の終わりから全米ツアーをするようです。(それだけの魅力のあるバンドだと思いました)
These Arms Are Snakesのメンバーが偵察に来ておりました。
それにしても・・・なぜベースさんは前を向かないのか・・・・
曲と曲の間では何故かお客に背を向けて喋ってました。

Second Shot
このバンドは超キャッチーなポップパンクというよりは、
Fat系とかメロコアに近い音だとおもうんですが
結構人気があるのに驚き。
やっぱり日本のパンクシーンはまだメロコア文化が根強いか・・・と思う。
ピットサークルが出来てました。2つ。
一つはフロア中央部
もう一つはもうちょっと後ろで
後ろのピットサークルで走り回っていたのは
ガ○・・・・いえ・・・・お子様・・・・
恐ろしい・・・

Buddhistson
昨年のCartel以来の2回目。
この人たちは売れてない時期が長いのかどうかわからないけれども
メインのボーカルさんの話が、とにかく投げやり。
「20人ぐらいしか見に来ないかと思ってた」とかなんとか。
Oceanlaneとは比べるまでもなくBuddhistsonの方が良いライブです。
良いバンドだと思いますし
投げやりなボーカルさんのためにも、売れていけばいいなぁ・・・

マキシマムザホルモン
正直僕は日本のバンドはどうでもいいという感じなのですが
(Buddhistsonなんかは結構好きですが
このバンドのライブは非常に良かったです。
J-HipHop+メロコア・オールドスクール
というかかなり人気あって盛り上がってましたけど、売れてるんですかね???
かなりテンポの速い曲が多いのに、女性がドラムをやっているのに驚き。
ひたすらにはっちゃけた音楽でした。
彼らのCDは買うつもりは一切ありませんが、ライブとしては非常に楽しいものでした。
ここでもメロコア文化を感じる。

Alkaline Trio
締めのAlkaline Trio。
彼らの音源は聴いたことがありません。
実際聞いてみると、アメリカで人気があって、
日本で人気がない理由がわかります。
あまりキャッチーではないこと、
メロコア系に近い音なのに一曲一曲が長めであること
などなど。
ベース、ドラムがとても力強くてなかなか楽しめました。
日本でそもまで人気がないので
最後にしては盛り上がりはいま一つ。
でもライブとしてはなかなかGood!

本日のライブランキング
These Arms Are Snakes
Maroon
マキシマムザホルモン
Te
3(Three)
Second Shot
Alkaline Trio
Houston Calls
Buddhistson
10Let Go
11Socratic
※以下かなり差があります。

12Dream State
13Oceanlane
14Fact


My Space Thursday でもシングル曲 "Counting 5-4-3-2-1"が聞けるようになっています。

Dashboard Confessional の新作は5月2日発売といわれていましたが、
6月の中旬になったようです。

Mae の"The Everglow "の再発版のジャケット写真。
僕は別にこのアルバムは好んではいないですが、このジャケットは・・・
良くない感じが・・・

Further Seems Forever のベストアルバムのトラックリストを以前掲載しましたが、間違っていたようです。
Bye Bye Byeは普通にいらないのでは? ^^

1 The Moon Is Down
2 Pride War
3 Hide Nothing
4 Snowbirds And Townies
5 Light Up Ahead
6 Against My Better Judgment
7 The Bradley
8 New Year's Project
9 How To Start A Fire
10 Someone You Know
11 The Sound
12 Wearing Thin
13 Bleed
14 Pictures of Shorelines
15 For All We Know
16 Vengeance Factor
17 There, Now I've Said It
18 Say It Ain't So
19 Light Up Ahead (Acoustic)
20 Bye Bye Bye
21 Justice Prevails


2006/03/03

DownLoad Punk.com にて The Early November のトリプルCDから
"Hair"、"Decoration"、"The One That You Hated"の3曲にライブ影像がセットされたものが、
ダウンロード販売されています。

Further Seems Forever ベストアルバム"Hope This Finds You Well"トラックリスト
3月21日発売です。

1. Moon Is Down, The
2. Pride War
3. Hide Nothing
4. Snowbirds And Townies
5. Light Up Ahead
6. Against My Better Judgment
7. Bradley, The
8. New Year's Project
9. How To Start A Fire
10. Someone You Know
11. Sound, The
12. Wearing Thin
13. Bleed
14. Pictures Of Shorelines
15. For All We Know

My Space The Composure (元Punchline のメンバーが在籍) にて2曲新曲が加わっているようです。


2006/03/01

Hawthorne Heights の新作に大ヒットの予兆がある雰囲気です。
発売前からビルボード初登場一位になるんじゃないかと
いわれてましたが、どうでしょ?
僕は買うつもりはありませんが・・・

My Space Versus The Mirror に"Birthed By Architecture"という曲が加えられています。
デビューアルバム"Home"は Equal Visionから4月18日に発売されます。
これはそのうちPick UPで取り上げます


« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »